• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

南紀乗り鉄

紀州路快速(和歌山駅) さて、南紀乗り鉄の開始です。ホテルをチェックアウトして駅のそば屋ででも立ち寄ろうとしたがそば屋がない、関西の立ち食いそば屋は美味いからな~。。仕方ないのでコンビニでおにぎりを買ってホームへ。予定では新今宮7時23分の和歌山行き快速の予定だったが、早めにホームに上がってたので、その一本前の4507H関空快速と併結の紀州路快速に乗車。
 ところがこれが失敗。。関空快速と併結のため和歌山編成は4両しかなく時間的に結構な混雑。まあ、天王寺で空くだろうと思ったら・・・・余計混んだ・・・(゜ロ゜) ヒョオォォ!一体どこまで座れないのかと不安になりながらも乗り続けるが一向に空く気配がない。。なんか大阪へ向かう電車より大阪から出る電車の方が混んでる気がするし、昨日も閉店早い繁華街など大阪大丈夫かよって思う。。橋下が知事になってから企業が逃げ航空会社も減便や撤退してるって噂を聞いたことがあるが、なまじ嘘でもない感じ・・

105系(和歌山線)103系(阪和線) 和泉府中で運良く目の前の席が空いてホッとする。結局混雑は終点まで続いたので、和泉府中で降りていった方に感謝である!と言うか予定通りの8両編成の直通快速乗っておけば良かったかと(笑)途中見てて思ったのだが、国鉄時代の駅舎や構内が残っていて意外と阪和線は風情のある路線だなと感じた。
   
 和歌山駅に到着し、御坊行きは向かいのホームだったが折り返し列車が遅れてる模様で、その間の時間を利用して阪和線の103系と和歌山線の105系をパチリと!そうこうしてるうちに御坊行きが到着してきた。到着してきた列車は超満員で大阪より和歌山の方が活気あるんじゃないかって感じ。御坊行き333Mは少々遅れて和歌山を発車、当然進行右側をせしめてるので車窓に海が広がる。で、凄いなと思うのは、この紀勢本線は紀伊田辺まで複線区間スーパーくろしお(箕島駅)333M(箕島駅)であることです。貨物需要が多いのでしょうかね~。

 途中の箕島駅でスーパーくろしおの通過待ち、先頭車だけずっと傾いたままで走ってた気がするのだが・・・車内も空いてきたので車端にあるボックス席へ。どうもJR西のアルミサッシ(プレハブ小屋)改造は好きにならないが、このボックス席は全体を大きな窓ガラスにしてあるので展望が良い。天気も怪しくなってきて風も強くなってきた頃、終点御坊に到着。   

2351M(御坊駅) 御坊からはどんな電車が来るのか興味津々だった、なにせ情報がなく117系じゃないかとの友人の情報もあり楽しみにしていたが、やってきたのは妻側改造の113系・・・いやはやここまで改造すると資材輸送車のようですわ・・・内部は113系の面影を残しながらもワンマン改造で運転席から伸びたバーが吉牛のU字カウンターみたいだった(笑)サボの感じから御坊~紀伊田辺間の専用運用っぽかったんで、和歌山からの直通列車などに乗れば、違った車種が来るかもしれません。ボックスに1~2人程度の乗車率で紀伊田辺行き2351Mは定刻に発車し40分ほどで終点紀伊田辺へ。大きな工場があり意外と大きな町だった。   

2331M(紀伊田辺駅) 紀伊田辺から乗る2331Mは105系ロングシート車!新宮まで3時間近くも乗るのにと嘆いても仕方ない。連結部分の隅に陣取りパソコンを広げてGPSで線路を追う。列車は周参見駅に到着する。ここでスーパーくろしお(見老津駅)後続のオーシャンアローの通過待ちなのだが、なにやら運転台から無線の声が。指令からの無線らしくオーシャンアローが遅れているのでこの電車が串本まで先走りになるらしい。ちょっとしたカーブの途中の駅だけに列車の通過撮影を期待してたが来ないものは仕方がないし雨も降ってきたので車内に戻る。
 定刻に周参見を発車し列車は山間に差し掛かる。峠を越えるあたりの双子山信号所を通過して海側に下っていくと見老津駅に到着である。崖と海に挟まれた小さな駅、ここで対向のスーパーくろしおと交換である。荒れた海をバックにクネクネと車体をくねらせながらこの小さな駅を通過していった。 見老津を発車し海沿いの景勝路線を串本へ向かう。
 定刻に本州最南端駅串本に到着、ここで遅れているオーシャンアローを待つことに。駅の案内放送では15分以上待たされるとの事で、そんなに遅れてるなら紀伊勝浦くらいまで先行でき2331M右(串本駅)そうと思うのだが、おそらく乗り換え客救済の為だろうと思う。
 そろそろ到着と言うことで強風吹き荒れるホームへ撮影に向かう。やってきたのは283系で下り方が展望車なのだが上り方はなんとも淡白な感じでしょうか・・結局2331Mは20分くらいの遅れで串本を発車、途オーシャンアロー前面(串本駅)オーシャンアロー後部(串本駅)中の交換を優先してきたのか、終点新宮には10分ほどの遅れで到着した。

 時間的に遅い昼飯なんでネットで調べた駅前の十二社さんにお邪魔する。飲みたい心を抑えながらこのお店お勧めの定食をいただく。さすがに南紀のすし屋を名乗るだけああ新宮駅で(334CとWV南紀)って刺身が美味い!それにこのあたりは鰻も名物のようで、刺身と鰻のコラボである。最後に自家製の「めはり寿司」を土産に買って駅に戻る。さて、ここからはJR東海(葛西帝国)の領土に入る(笑)

334C亀山行き(新宮駅) 駅に戻ると時間は早いがこれから乗る亀山行き334C列車がすでに入線、4時間近い乗車になるので飲み物など購入して列車に向かう。車両はキハ11の2両でトイレ付きの300番台が連結されている。この列車もワンマン運転のため先頭車両は人の出入りが多いからと後部に乗車、しかしこれが祟った(^^ゞ
 列車は定刻に発車し亀山を目指すが、途中の熊野市で大量の高校生が乗って来た。後部車両は教室さながらのにぎやかさ、がんばって突っ張って見せてる姿が逆に子供っぽくて可愛い。ただ334C(三瀬谷駅)これだけ高校生が乗っていると身動きがとれず、交換駅でホームに降りて撮影も座席に荷物を置いておくのが心配だ。で、結局車内に静寂が戻ったのは紀伊長島駅だった・・・結構長時間通学してるんだな~っと感心する。
多気駅 列車は紀伊長島を発車すると、勾配をガンガン上り始めた、紀伊の国と伊勢の国の境目の峠である。紀伊長島の町がかなり下に見え始め、ずいぶん登ってきたなあと感じる。しばらくすると、すでに夕暮れに入った三瀬谷駅に到着である。ここで停車時間が少々あったので、久々にホームへ降りて写真が取れたが、交換なのか時間調整なのかわからんから出発信号を気にしながらの撮影。と、いきなり出発信号が青に!急いで車内へ戻るとすぐに発車。
 とっぷり日も暮れ、そろそろ車窓も楽しめなくなってきた頃、列車は多気に到着する。凄い昔、天王寺から乗った名古屋行き夜行をここで降りたなと思い出す。たしか天王寺からはEF58で降りた時はDF50牽引の客車列車だった。今はキハ40やキハ11の世界で、なんとも寂しい限り。。鳥羽からの参宮線の接続を待って発車、松阪を通り津に到着してここで下車となる。

1934電車(津駅) 今日の目的地は近鉄平田町、ホンダの工場に用があるわけではなく、目的は鞍馬サンド!コーヒーゼリー&あんこ&納豆と言う中身。これを食したいと言うわけだ。津では近鉄の名古屋行き急行1934電車に乗り換えで伊勢若松で更に平田町行き19751975電車(平田町駅)電車へ。乗り換えた近鉄鈴鹿線はワンマン運転だが3両でかなり乗っている、無人駅の清算どうなることかと思いきや、ほとんど有人駅だったし、無人の柳駅ではほとんど乗降がなかった。
 平田駅に到着しタクシーでその店に向かうが、お目当てのサンドは売り切れてた。。。年始の北海道といい、今年は何故か食い物とリズムが合わない(笑)宿泊先の四日市に戻って焼き鳥で一杯やって寝ました。

次回はナローゲージの近鉄内部線と八王子線です。      
 

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード