• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

残念だが・・

IMG_4487.jpg 3月20日から22日まで大糸線のキハ52が「キハ52ありがとう号」として運転されることになって、後輩から「21日の糸魚川発の指定ありますけど行きませんか?」と言われ、天気が心配だったが、とりあえず20日のあさま577号に乗り込んだ。長野からは351Mに乗り換え久々の関山・二本木のスイッチバックと思いきや関山のスイッチバックはやめたみたいです。でもスイッチバック使っていた時のホームや線路設備はまだしっかり残ってました。

 でも、二本木(画像上・バックの山は妙高山)のスイッチバックは健在で前に座っていた子供が「あれ、何でバックするの?」って不思議そうにしてたら親がしっかり説明してました。きっとこちらで育った親が東京で暮らし子供と帰郷してきたんだなぁ~って感じた。途中、別の後輩からメールが入り明日のキハ52に乗車するとのこと、その後輩は転勤ですでに20年近く会っていないがお互い乗り鉄などでメールのやり取りはしてた。その彼が俺が直江津到着と同時くらいに柏崎方からの列車でで到着するとのこと。

直江津駅での570M

IMG_4496.jpg IMG_4500.jpg IMG_4503.jpg

 

IMG_4517.jpgIMG_4518.jpg  直江津からは570Mに乗り換え、転勤等で20年近くぶりに会う友人とここでニアミス、彼は直江津泊まりとのことでほんの1分ほどの会話「すっげ~久しぶりだ!」「じゃあ、明日糸魚川で!」とのことで俺の列車はすぐ発車していった。471系3両編成、ABBの音を聞くためにパン  タグラフの下の位置に陣取る。嵐の前の静けさのような日本海を眺めトンネル内の駅筒石(画像右)を通り梶屋敷を発車するとABBのドンという音がして車内が暗くなる、再び点灯すると間もなく糸魚川である。

 糸魚川に降りると気持ち悪いくらいの生暖かい風が吹いている、接近中の低気圧のヤバさが感じれ、なんか嫌な予感が・・・ホテルにチェックインし近くの割烹「志乃」さんの暖簾をくぐる。地魚三昧でとても美味しく楽しい時間をすごした。店を出てた頃には風がかなり強く吹いていて、いよいよ近づいて来たかと感じた。天気図を見るとよそうよりかなり発達してる模様だ、明日が心配である。ホテルなのに外の風のゴォーーという音が寝てる間に良く聞こえた!これはダメくさいかなと思いながらも睡眠はとっておかないととがんばって寝た。

割烹志乃さんの料理(地酒兼信&翡翠の猪口 地魚刺身盛 ホタルイカ ゲンゲとヌタウナギ 店舗画像) 携帯画像

100320_1942~01 100320_1906~01 100320_1945~01 100320_2022~01 100320_2141~01

 翌朝起きると、同行の後輩(夜行で到着)からメールが入り「キハ52運休」との事で、さらに大糸線・北陸線自体も止まってるとの事。キハ52は早々にあきらめ、とにかく急いで支度をして駅で後輩と合流。直江津での後輩は信越線が走ってる間に東京に戻ると連絡が入った。大糸線はバス代行らしいがバスは乗りたくないのでなんとか直江津方面の列車を待つことに。そうこうしてるうちに運転中止から規制に入ったため徐々に列車が動き出し直江津行きも間もなく到着できるとのことで、その列車で直江津に向かうことにする。

IMG_4526.jpg IMG_4530.jpg IMG_4531.jpg 

  到着してきたのは糸魚川7時45分発予定の525M(画像上)である、すでに1時間以上遅れてる。しかし583系改造の通称「食パン」の419系だったのがラッキーであった。懐かしいボックス席に座り直江津を目指す。車窓の海は荒れ川は増水した濁流、横殴りの雨が黄砂と混ざってたたきつける。直江津には70分遅れて到着し10時13分の3324M妙高号に乗り換える。189系6両編成で直江津接続待ちで13分遅れて発車。妙高高原までは雨が強かったが黒姫の峠を越えると一転して晴れてきた。典型的な冬型気圧配置での天気である。

IMG_4535.jpg  長野までたどり着けば後は余裕なので、せっかくだから篠ノ井線で松本周って帰る事にする。長野12時04分発1224Mに乗車、景色の関係で進行左のボックス席に座る。調べてみると、この列車はラッキーにも姨捨駅でしなのと交換のために4分停車する、景色を堪能できそうだ。稲荷山を発車しどんどん標高を上げてゆく善光寺平が眼下に広がる絶IMG_4539.jpg景ポイントである姨捨駅に定刻に到着。冬型の気圧配置に変わったせいか風がかなり冷たくなってきている。少々遅れて特急しなのがスイッチバックしないので足元を通過していった。

 松本に着くと南小谷からのあずさ26号の指定券を22号に変更し昼飯に向かう。向かった店は20年ぶりに訪れる「盛よし」さん。店内の雰囲気は当時100321_1411~01と変わらずウリの盛も変わっていない。ここまで来てホッとしたせいかビールが飲みたくなりビールセット(つまみは黒板から2品セレクト式)1050円だったが、この二品が凄い、これでご飯と味噌汁つければ立派な定食ってくらいのボリューム、つまみ程度のものかなと思ってたが、さすが盛よしはだてじゃなかった(笑)左画像はその中の一品味噌カツで、しっかり鉄板の上でジュージューいいながら運ばれてきました。

 発車10分前に店を出たが、風がかなり冷えてきた!スーパーあずさ22号に飛び乗り定刻に発車!塩嶺トンネルを出た岡谷付近はなんと天気は雪!昨日のバカ暖かさが嘘のようである。しかし久々の351系だが揺れが凄い・・以前はこんなに酷かったかな・・そんな訳で無事に新宿到着、後輩と別れて帰宅しました。

 雪の大糸線を走るキハ52はきっともう見られないだろう、だからこそ今回の運休はとても残念で悔しい。でも、自然に逆らってはいけない、結果は結果として受け入れるのも大事なことだと思う。運休にもかかわらず糸魚川駅ではマスコミが大袈裟に報道しているようなマニアの混乱は無く地元利用客も落ち着いて紳士的だったのが非常に印象的であった。

 

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード