• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

秋の乗り鉄

きらきらうえつ号さて、ちょっと前になるが日帰り乗り鉄の画像です。仕事場で時刻表を眺めていたら、「きらきらうえつ」「みのり」ルートが繋がることがわかり早速出かけてきました。

東京をMaxときで出発、新潟で「きらきらうえつ」に乗り継ぎます。まあ、基本は485系の改造車でJR東日本管内ではこの手の似たような改造車がジョイフルとレインとして走っております。まあ、その中では座席中心の異端児で中間には和風のボックス席のカフェや地元の観光案内ブースなどが設置されておりました。

車内は満席で快速運転のためか観光客ではなく普通の乗客もだいぶ見受けられました。本数の少ない羽越線村上以北直通列車は貴重な存在でもあるんでしょうね。村上を過ぎると海岸沿いをいくつものトンネルを潜り抜けながら笹川流れの景勝地をすすみます。途中のあつみ温泉などでは団体の温泉客が降りていきました。

当初、この列車で酒田まで行くはずでしたが、だだちゃ豆を手に入れるべく鶴岡で途中下車。町を歩くと地元の八百屋が店頭でちょうど仕入れたばかりの豆を仕分けしてたところ。これはちょうど良いとひと袋購入。近くの食堂でこの辺り名物らしい「はったいラーメン」と言うスープが冷たいラーメンを食って駅に戻る。途中で農産物販売所みたいな場所があったんで、入ってみるとだだちゃ豆が生産者ごとに分けられ売っておりました。これは面白い!やっぱ一番減ってる生産者のをGETして駅へ。

キハE120駅に着くと、すでに酒田行きの普通列車が入線していて新車のキハ120も連結。はじめて見るので早速そちらの車両に乗車。味気ないキハ110に比べ鉄道車両という雰囲気がしっかり出ていたのですが、車内の座席は関東近郊で使われている217系や231系のクロスシートと同じ座席、長時間乗るにはちょっと辛いかも。

この列車で余る目まで行き、そこから快速「最上」で新庄へ。キハ110の二両編成は立ち席が出るほどの混雑ぶり、とても地方ローカル線とは思えない。新庄で東京行きの新幹線の接続が良かったらもっと混んだ事だろうと思う。

みのり新庄からはすぐ連絡の快速「みのり」仙台行きに乗車。乗車率は低いもの何故か俺の席の隣にマニア風情の客が・・他が空いてるのに何でこの席取ってくるんだよと・・それにデブで俺のほうまではみ出してくる始末・・・結局俺が別の席に移動・・・俺もはたから見ればマニアではあるし座席位置にもこだわります、それだけに他のマニアの領分を侵さないようにと心がけてはいるが、もうこの時は嫌がらせかよって感じた(^^ゞ

写真は途中の最上駅で列車交換のための停車。先頭に行くとホームにコスモスの花壇があり、それとコラぼってみました。乗客は意外と地元客やビジネス客もいて重宝がられているようです。そうこうしているうちに列車は小牛田から東北本線に入り仙台に定刻到着。行きつけの牛タン店で夕食を食べて19時26分のはやてで帰京しました。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード