• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ブルガリア・ルーマニア放浪記 第二回目

 さて、この日はこの旅の当初の目的でもある「リラ僧院(宿坊)に泊まろう!」の日です。とは言うものの、事前にいろいろなサイトやブログで情報収集していて、一つ確実なのは「僧院に行かなきゃ泊まれるかわからない」と言う事です。で、部屋もその日によってシャワートイレ付きだったり共同だったりまちまち。万が一泊まれずソフィアに戻る事を考えてソフィアのホテルもそのまま部屋を押さえておきました。そんな訳で最低限の荷物だけ持って他はホテルの部屋に置き、念のためにフロントの人に今日は戻らないかもしれない事を伝え出発。行き先表示
 ホテル前の停留所から4番のトラムに乗車しバスターミナル近くの停留所(停留所名がわからない(^_^;)で降りて、スーパー345で食料の調達。リラ僧院周辺には2軒ほどのホテルはあるが併設のレストランが冬季なのでやってるかわからない為である。
 バスは10時20分発のリラ僧院行きで直通は一日一便だ。前日は小型のミニバスだったんで少々心配してたが、この日は大きなバスが来たおかげで座席占領してゆっくり座ることができた。運転手から切符を買って乗り込みバスが定刻に動こうとしたとき数人の観光客が駆け込んできた。その後にも数人駆け込んできて5分くらい遅れて発車。一体この人たちは。。ブルガリア語がさっぱりわからん俺でも7番乗り場から10時20分って事はバスターミナルの時刻板で理解できるのだが。。

 その後バスは順調に走り12時30分、20分ほど早くリラ村に到着し30分ほどの停車がありここでトイレ休憩だ。事前にブログなどでここのトイレの事情が書かれていたんで詳しく説明いたします。場所はバス停の待合室(郵便局?)に向かって左側の金網塀の角から入って石畳を通った先にあります(画像参照)。どっちが男用か女用か判らないが環境の良い方を使えばよいかも。とはいえ暗いです!ドアを閉めると真っ暗です、懐中電灯を持参するか、知り合いと一緒ならドア開けっぱなしで見張りしてもらうとかしないと投入口すら見えませんw。今回の様にバスが早く着いて時間に余裕がある場合は買い物がてら近くの売店などで借りるのが良いと思います。
リラ村風景 消防車 噂のリラ停留所トイレ
リラ村の風景と軍用車両のような消防車 そして件のトイレ

 さて、再びバスは発車し山奥へとどんどん登っていきます。途中の小さな村で地元の人が結構乗り降りし約30分でリラ僧院に到着しました。季節柄観光客の姿は少なく歴史博物館など一通り回ってレセプションへ。14時から開くと書かれているが10分ほど過ぎた時間に行っても開いてなかったので、僧院裏手の揚げパン屋に行って揚げパン食ってレストランの営業確認して14時半ころに再びレセプションへ行ったがまだ開いてない。仕方ないので歴史博物館の受付に聞きに行ったら、受付の人と雑談中の修道士さんが「お、わるいわるい(^^)」って感じでレセプションを開けてくれて、パスポートを見せて確か10Lv払って無事に宿泊手続き完了!どうやら閑散期だから受付で油を売ってた模様w。ただ、他の人のブログには愛想が無くいやいやながら鍵を渡されたってあったが、今日の人は愛想もよく話しかけやすい人だった。で、指定の部屋に行ってみるとシャワートイレ付き!これはありがたい!
リラ僧院 リラ僧院 リラ僧院壁画 リラ僧院
リラ僧院いろいろ
夕暮れ 礼拝堂へ向かう修道士さん 宿坊内部
夕暮れのリラ僧院 ・ 礼拝堂へ向かう修道士 ・ 宿坊内部(部屋により大差あり)

 部屋も決まったことで次はミサの時間だ。修道士さんが時間になると拍子木みたいなものをたたいて教えてくれるらしいが、それまでずっと待ってるのは無駄なので、先ほどのレセプションの人に聞きに行ったら17時とのこと。で、僧院の門は冬季19時に閉まるらしい。17時からのミサがどのくらいかかるかわからないし19時には門が閉まる、と言う事でミサ前に食事を摂ってしまう事にする。僧院裏手のホテルの一階にあるブルガリア料理のレストランに入る。世界遺産の超観光地でほぼ独占営業なのに中々美味い!修道士さんも食べに来てたwそして値段も安い!
 部屋に戻ってしばらくすると拍子木の音が!修道士さんが大きな木を担いで、その木をバチで叩いてる感じだ。急いで教会に向かったが観光客以外誰もいない。。あれ?と思ってしばらく待つが誰も来ない。。一旦教会を出て探すと礼拝堂からミサっぽい声が。その部屋に入ってみるとミサが行われていた。冬季は寒いから暖房設備のある礼拝堂で行っているようだ。東方教会は祭壇の作りに特徴がありドアで区切られている。そのドアを開けたり閉めたり司祭さんが通ったりしてました。
 1時間少々でミサが終了、日が暮れた僧院を見て回る。観光客もいなくなり昼間とはまた違った雰囲気を醸し出す。誰もいないので宿坊の長い廊下を一周してみると、廊下の真ん中になぜか犬がくつろいでたw翌朝のミサは6時と言う事で早く寝る事にする。
夜の僧院 夜の僧院 宿坊の廊下
夜の僧院
 
 まあ、早く寝たんで早く目が覚めてしまう。都会の喧騒の中で暮らしているから、ある意味こんなに静かな場所なんでかえって寝れないのかも。6時を過ぎても拍子木の音が無い。。どうしたんだろうと思ったら6時半になってやってきた!すぐに昨日の部屋に行ってみると、年配の修道士さんが一人で聖書?を朗読(メロディーに乗せるように)してた。そして三々五々修道士さんたちが集まってくる。祭壇の扉が開き司祭さんが現れ、我々の前まで来てお香を頂けた。仏教徒なのによいのだろうかと思いながらもありがたくいただいた。しかしこのミサが思いっきり長い!当初8時半のリラ行きバスに乗るはずだったが、それをあきらめて9時バスにしたのだが、まだミサが終わる気配がない。。9時を逃すと次は15時半!仕方なく途中退場してリラ村経由ドブニツァ行きに飛び乗った。

 当初はリラ村で乗り換えブラゴエフグラドに向かい列車でソフィアに戻る予定だった。しかしこのバスはドブニツァ行きだ、ドブニツァには何時に着くのかと運転手に聞いたが英語がわからない。運転手さんが何か書類を見せてくれて、9時のところを指さす。あ、発車時刻の事と思ってるんだと思った時にその書類の下の方に10時30分とある。そこを指さすとドブニツァだと言う。なるほど!10時30分着か!前の日に調べておいた列車の時刻だとドブニツァ10時24分にソフィア行きがある。昨日もそうだが結構目的地には早く着いているので賭けをしてみた。この列車に乗れればブラゴエフグラドから行くより2時間早くソフィアに帰れるからだ。もし接続しなくても2時間待てば予定の列車に乗れる。

 時間通りに発車し途中の村からちょろちょろと乗車してくる。リラ村でも停車時間なしにすぐに発車。こりゃいいペースだと喜んでたのもつかの間、国道を外れ小さな集落を経由し始めた。やっと国道に戻り鉄道路線と並走すると10時24分の列車が駅(ドブニツァの一つ手前の駅)に停車してるのが見えた!しかしバスは良い調子で走る、行けそうだなと思ったその時、バスは線路をまたいで市街地方面へ。。あう、先に駅をまわらないのか。。もうここからは時計とにらめっこ!駅横のバスターミナルに着いたのは4分前!駅へダッシュして窓口のお姉さんに指で2を示し「ソフィア」と言って切符を買いホームへ出ると間髪入れずにソフィア行きが到着してきた。無事に乗車しほっとする。
ドブニツァ駅 ソフィア到着 ソフィア駅舎
ドブニツァ駅         ソフィア駅到着        ソフィア駅舎

 各駅停車なので約2時間かけ定刻でソフィアに到着。駅前のトラムのチケットブースに行ったら昼休み中で切符が買えない。。昼飯を食って昼休み時間終わったころ行ったがまだ開いてなく仕方ないので地下鉄でセルディカに向かいホテルで一休みし、もう一度見ておこうとアレキサンドラ・ネフスキー教会に再び向かった。その後、ボヤナ教会(世界遺産)に向かおうとトラムに乗ったが目的の停留所(乗り換え)を一つ先まで行ってしまったが、そこには市場があってそれはそれで楽しかった。乗り換え停留所まで戻り4番でスーパー345へ、バスに乗り換えて教会へ向かった。公開時間は微妙に過ぎてたが門が開いていたので中へ、さすがにチケット売り場は閉まっており教会内部へ入ることはできなかった。トラムを乗り越さなければと後悔(笑)
ボヤナ教会 ボヤナ教会 遺跡と旧共産党本部
          ボヤナ教会          ソフィアの遺跡と旧共産党本部

 教会を見た後は近くのブルガリア料理の店へ入る。人当たりの良いウエイターさんがいろいろ料理の説明をしてくれて大満足で店を出た。さて、これからが大変!ホテルへどうやって帰るかだ。さすがにここまでバス路線の末端まで来ると、どの系統が何分後に来るかの表示板が無い。時刻表には何時から何時までは何分毎の記載しかないため複数の選択肢がある路線のどれが先に来るかわからない。と、その時64系統のバスが来た!最も選択肢の低い路線方向だったがとにかく次がいつ来るかわからないので乗り込んだ。そして路線図と前出のチェコ製オフラインマップを照らし合わせると、地下鉄の始発駅Витоша駅前を通るではないか!あたりは真っ暗なので目印はパラダイスセンターと言う大きなショッピングモールだ!20分ほど乗るとショッピングモールが見えてきたので停留所で下車、振り返るとメトロのマークが!やったぜ!無事にセルディカに帰還。

さて次回はルーマニアへの移動です。
 

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード