• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

東欧乗り鉄 2012冬 Vol 02

朝のヘプ駅R755列車内一等コンパートメント
 朝のヘプ駅から8時33分発R755列車プラハ行きに乗車、途中のプルゼーニュ駅で複雑な駅構造に戸惑ったがなんとか8分乗り換えの10時03分発R665列車ブルノ本駅行きに乗車、定刻の13時14分Jindřichův Hradec(インドルジフーフ・フラデツ)に到着しましJindřichův Hradec 旧市街た。宿泊先は徒歩20分ほどの市街広場近くのペンションである。時期的に閑散としていてペンション一階のパブもしまっていたため裏口から入ってレストランの人に事務所教えてもらって何とかチェックイン。
  とりあえず街の散策に出かける、冬季は閉鎖しているお城に行ってみると中庭には入れそうなので入ると地元のご老人に声をかけられる。なんか知らんが城の門を勝手に開けてこっちこいと誘われ東経15度線オブジェクトる。まあ、イタリアとかスペインじゃないのでリスクは低いと思いついていくと城内のいろいろな設備を見せてくれて筆談ではあるが説明をしてくれた。城を出ると更に古い建物や博物館(館員は知り合いのようだった)まで連れで行ってくれた。話をしてくとその方、城の管理業務をされていたとか、どうりでいろいろ知ってるし勝手に入ってくし博物館は金とらんかったし(笑)
   しっかりお礼を言ってその方と別れ教会の裏を通ってたところ道に東経15度のラインがオブジェクトっぽく敷かれていたが後ほど調べたところ東経15度はヨーロッパの標準時の基準線であることがわかった。
城外観 城内 城夜景
 さて夕飯にペンションに戻るがレストランは17時で閉店(マジかよ)で更に昼間開いていたレストランもほとんどが店を閉めてしまっていた。そういえば散策中にペンション裏路地にグリル屋があったことを思い出し行ってみる。やっていたので暖簾・・じゃないドアをくぐると大きな薪のグリルが目に入いる、そこを巨漢のシェフが所狭しと料理に動き回る。ビールは当然のこと野菜や肉のグリルを注文して待っているとどんどん客が入ってきて満席となる。結構人気の店らしい!とりあえずURL記載しておきますので興味がある方、またはこの街に行かれた方は行ってみて下さい。http://udirna.com/
グリルレストランUdirina ジュ~~~ リブロース800g
 さて翌日はこの街から出ている狭軌鉄道であるJHMD線の9時20分発206列車に乗車。小型の機関車にマッチ箱のような客車が一両繋がったかわいい編成である。途中のKamenice n.Lipou(カメニチェ・ナド・リボウ)で50分の停車時間があったので徒歩10分ほどの市街広場に行ってみた。きれいな博物館(味覚聴覚などの博物館)があり静かなきれいな街だ。歩道が凍結しているため滑り止めの石を撒く小型車が歩道を走る姿に感動(笑)
JHMD車両(インドルジフーフ・フラデツ駅) カメニチェ・ナド・リボウ博物館 散石車
 列車に戻り終点のObrataň(オブラタニ)を目指す、途中の小駅ではどこに住んでるのって言うくらい家が無い原野の真ん中でも乗降が結構あるのにびっくり。公共交通のあるべき姿と言うものを改めて感じた。列車は定刻にオブラタに駅に到着しチェコ鉄道に乗換えとなる。この駅は無人だったので次に乗る11時43分発Os18406列車Tábor(ターボル)行き車内で購入した。定刻にターボルに到着し昼でもあったのでレストランを探すが途中すごい文字の書かれたアジア料理店が!とりあえず大きなホテルの一階にレストランがあったので、なんだこの文字は(笑) ターボルの教会 ターボルの城
ここなら英語メニューもあるだろうと入ったら見事に無かった(汗)しかしウエイトレスが英語のわかるコックに聞いてきてくれてたすかった。鯉をくたかったが時期的に終わってしまったとのことで残念だった。
レア機関車   
 昼食後は旧市街の散策をして途中の商業ビルで皮ベルトを購入、店員が一生懸命ベルトの長さを調節してくれた!駅に戻りインドルジフーフ・フラデツまでの切符を購入し14時56分発R643チェスケー・ブディェヨヴィチェ行きに乗車、途中のVeselí n.Lužnicí(ヴェセニ ー・ナド・ルジュニツゥイー)でレア機関車牽引の15時42分発Os8320列車でインドルジフーフ・フラデツに戻る。当然夕飯は昨日のグリル屋になる。昨日気になっていたメニューのリブロース(上部画像)を注文、量が800gもあることから昨日はヒヨったが今日は挑戦してみたが・・かなり辛かった(笑)
 さて翌日はチェスカ・トジェボバに向かい世界遺産の街リトミシェルを放浪してまいります。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【東欧乗り鉄 2012冬 】

 朝のヘプ駅から8時33分発R755列車プラハ行きに乗車、途中のプルゼーニュ駅で複雑な駅構造に戸惑ったがな
訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード