ポーランドSL三日目 ヴォルシュテュン機関区

77342列車(Steszew)     滞在していたSteszew(ステンシェフ)を出発、77342列車(左画像)でヴォルシュティンを目指します。1時間15分ほどでヴォルシュティンに到着し駅構内で入れ換えを開始します。ここにはあと二人ほどのファンがおりました。客車を転線して機関車は機関
区に引き上げます。こちらも急いで機関区に向かったが転車台での回転には間に合いませんでした。
 機関区内は入場料払えば自由に見て回れます。機関車の動いてるそばにいようと構いません、あくまでも自己管理の世界です。
 水や石炭の補給、下回りの点検、燃えかすの除去んど一通り見ることができ、77333列車になるべく発車1時間前に出区していきました。
 こちらも駅へと移動し撮影、機関紙の好意で運転台にも上がれました。まあ、いろんなもの売りつけてくるので上手く断って下車。出発はポズナン方で撮ろうとしたが留置車両が邪魔になるので反対側の機関区寄りで撮影を行いました。77333列車撮影後はベルリンに向かうべくZbaszynek行き79429列車に乗車、短軸ディーゼルライトレール2両編成と言う変わり種でした。
ヴォルシュティン駅での入換
_MG_9285.jpg
 _MG_9293.jpg

ヴォルシュティン機関区にて
_MG_9328.jpg _MG_9333.jpg _MG_9364.jpg
_MG_9339.jpg _MG_9299.jpg _MG_9325.jpg
ヴォルシュティン駅発車
77333列車
 77333列車

ポーランドSL二日目午後編

追記(画像アップ)しました

_MG_9256.jpg
 _MG_9251.jpg _MG_9267.jpg
 午後は昨日と同じポズナン方踏切。違うのは線路反対側に行ったことですね。当初線路右の離れた場所で駅の発車を狙おうとしましたが電線柱が微妙に邪魔であきらめました。この後は夜になるので駅まで行って撮ってきます、その時は追記で載せておきますね。
 明日は、きょう午前中撮影した列車に乗車してヴォルシュティンに向かいます。機関区に寄って間に合えば転車台の回転を撮りたいとは思うのですが運次第ですね。その後13時53分の77333列車の発車を撮り事実上の帰路となり泊まるだけですがベルリンに向かいます。

 夕方の行ってきました!見事にピンボケ・・・暗いのでオートフォーカス切ってマニュアルの無限大で絞り値5.6にしておいたのにおそらくズームいじった時にフォーカスが動いてしまったのかも・・・orz

ポーランドSL二日目午前編

_MG_9156.jpg _MG_9164.jpg
 本日午前中はポズナンからの列車なのでヴォルシュティン側での撮影となりました。あらかじめグーグルアースで道順を頭に叩き込んで旧市街を目指す。旧市街から教会の前を通って田舎道に入り鉄道の下をくぐって畑の真ん中に出ます。天気が良く風もないし光線まずまず。
 列車は10分くらい遅れてやってきました。昨日と同じPM36-2号機です。今度はサイドビューも撮れる位置なので動輪の美しさなど何とかとらえられました。さて、次は午後、昨日と同じポズナン行きを狙います。

ポーランドSL一日目(追記)

77333列車 77333列車 77330列車

 ポーランド乗り鉄もいよいよSLとのご対面になります。この日はトルンからTLK56104列車でポズナンへ行き77650列車で目的地Steszew(ステンシェフ)に着きました。なぜこの地かと言うと、SL運行路線内で良い撮影場所を探すためグーグルアースで路線をトレース し、発車が撮れて近くにホテルがある場所を探した結果、駅から両方向にカーブが続くここSteszewに狙いを定め、この踏切近くにもホテルがあったためそこに直接メールで予約しました。
 到着したのは14時02分でSLの発車が15時13分(DBの時刻検索サイトだと14時46分なんで注意)なので、急いでチェックインを済ませ当該のポズナン方踏切へ。緩やかにカーブをし右手には腕木式信号機左手には池があるなかなかのロケーション。線路脇には広いスペースがあり条件は十分、もちろん他に撮影してる人はいません。ときおり踏切を通るジモティーが不思議そうな視線を送ってきます。きっと撮影してるのが珍しいのではなく東洋人がいることが珍しいのだろうと思う(笑)
 さて、発車時間数分間に遠くで汽笛が聞こえてきます!駅に到着したのだろうか駅方面から黒煙が上がる。定刻に汽笛とともにドラフトの音が響く、林の奥の煙が徐々に近寄ってきて林が切れたところから全体を現した。残念なことは雪が解けてしまってたこと、撮影時だけ風が吹き始め煙が左に流れてしまったことですが天気と喧嘩できませんから(笑)
 ナンバープレートは外されてたがおそらくPM36-2形式である!側面のデザインに特徴があるので明日はもうちょっと左側の小高い部分から側面までを捉えようと思う。また明日はWolsztyn(ヴォルシュティン)側の発車も撮れる為に朝は場所の下見に行こうと思ってます。
 なお時刻表では一日4回通過するのですが、そのうち2回は早朝と夕方なんで、この時期は真っ暗なため昼間の2回が勝負になります。

(追記)夕方の77330列車もダメもとで撮りに行ってきました!(画像参照)

シュフドニツァ平和教会

平和教会 ポーランド乗り鉄での第一の目的は、ここシュフドニツァの平和教会を訪れることでした。ポーランド南西部木造教会群と言う世界遺産の中に入るもので大変興味深かった場所の一つです。夏は予約なしで訪問できるのですがこの時期は電話での予約が必要とのこと。電話はさすがに自信がないので宿泊するホテルに依頼したところ快く予約を代行してくれました。
 当日、小雪が舞う中、ホテルから10分ほど歩いて教会に到着すると管理人の方が既に待っていてくれて私たちを見ると電気をつけ門を開けてくれました。日本語の説明平和教会外観のタリフがあったのはとてもありがたく、建設時のいろいろな制限やある意味いやがらせ的な部分を大変興味深く読ませてもらった。
 中は本当に素晴らしく祭壇や説教壇のつくりや彫刻等のきめ細かさパイプオルガンの壮大さなど、おそらく今まで見てきた教会の中で一番素晴らしいと感じました。管理人さんもとても親切で洗礼台の説明や鐘の説明などしていただいただけでなく説教壇にまで上がらしてもらえ神父の気分まで味あわせてもらいました。私たち二人だけでとても贅沢な時間を過ごさせてもらいました。とにかく内部の事は文字で説明するより画像を見ていただければと思います。
平和教会内部
祭壇と説教壇 説教壇と祭壇 パイプオルガン 神々の彫刻 説教壇とパイプオルガン 天井画 説教壇から撮影 内部 祭壇近影 パイプオルガン 祭壇正面 ??な場所(笑)


ポーランド乗り鉄現地報告1

レグニツァ  現在はシュフドニツァにいます。今日は中世の面影を残す街トルンに向かいます。昨日は午前中平和教会に行き午後はブロツワフへ食事に行ってきました。平和教会の記事はまた後日アップします。
 今回はシュフドニツアに向かう途中に乗り換えのために寄ったレグニツァという街の画像です。乗り鉄をやっていると乗り換えなどで意外な街を訪問することができ、それがまた乗り鉄の魅力なんでしょうね。駅前は閑散としてる割に旧市街は巨大な教会が3カ所あり昔の建物が今もなお点在するとてもきれいな町でした。

レグニツァ レグニツァ レグニツァ
レグニツァ レグニツァ レグニツァ レグニツァ

ポーランド乗り鉄 1

レグニツァの街並み 成田からNH209便でフランクフルトに飛びました、機内は空いており新造B777機のシートを独り占めで快適に過ごせました。泊まったホテルのルーターの調子が悪くその日はネット接続はあきらめる事に。
 翌朝、中央駅に向かい案内板を見ると予定していた列車ICE1555とIC2803が同時刻同ホームの表示。あれ、って思いよく見るとドイツ語の注釈が流れてる、雰囲気で予測するにこのインターシティーで終点ライブツィヒで所定のICE1555が乗り継げるみたいだ。まあドイツ語分からんので車掌っぽい人に聞くとIC2803の終点ライブツィヒで待ってるから乗り換えてくださいとのこと。確認とれたのでインターシティーに乗車する。 改札に来た車掌も乗り換えの事を案内してくれた。
 終点ライブツィヒに着くと向かいのホームにICE1555列車が待っておりすぐに乗車。一等室内は無人で4人用コンパートメントを占領する。途中、急な温度上昇で融雪洪水が起き川が氾濫、かなりの地域が水に浸っていました。結局、予定より25分遅れてドレスデン中央駅に到着、以前行ってアイシュバインを食った店で昼食。KD 60830 (Kłodzko Główne行き)
 ドレスデンからは快速ブロツラフ行きに乗車。当初PKP(ポーランド国鉄)の車両で来るんじゃないかと予測してたがまさかのDB(ドイツ国鉄)のライトレール車。とはいえ最高時速120キロで走ります。
 列車はゲルリッツを発車してポーランド国内に入ります。雪も本降りとなってきたなか乗り換えのレグニツァに到着。乗り換え時間が3時間近くあるので街の散策に出る。事前にグーグルアースで下見はしておいたが大きな教会が3か所にある。その他にも昔ながらの建物が多く残り教会とのコントラストも風情がある。旧市街のケバブ屋で夕食をとって目的地シュフドニツァへの列車KD 60830 (Kłodzko Główne行き)に乗車。雪降るシュフドニツァ駅に定刻に到着、立派な駅舎があるのだが、工事中らしくフェンスで囲われていたのが残念です。明日は世界遺産の平和教会を見学します。

IC2803列車(Frankfurt(Main)Hbf) ICE1555 ICE1555RE5793 レグニツァ駅 レグニツァ駅
上段左 IC2803列車(Frankfurt(Main)Hbf)
乗車予定のICE1555列車が区間運休になり運休区間のフランクフルト~ライブツィヒまで代替乗車。

上段中央 ICE1555列車(Leipzig Hbf)
向かいのホームで待っていた区間運休したドレスデン行きICE1555列車。

上段左 ICE1555列車
一等の車内です、貸切状態だったんで左側のコンパートメントを占領。

下段左 RE5793列車(Dresden Hbf)
ドレスデン発ブロツラフ行きの快速列車。

下段中央 Legnica(レグニツァ)駅
かなり風情がある切符売り場です、東欧ではこのような駅がたくさん残ってます。

下段右 Legnica(レグニツァ)駅
レグニツァ駅のホームです。ここからシュフドニツァに向かいます。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

今年もいろいろ行動的に動きたいと思ってます。

撮り鉄・乗り鉄・飲み鉄・食い鉄・・

鉄の楽しさは無限といえましょう 

では今年もよろしくお付き合い願います。

2011年1月1日
訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード