• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

トワイライトエクスプレス

札幌1  廃止の声が囁かれる寝台列車の中で、やはり外せないのがこの列車でした。当初大阪発を狙ってましたが、あまり行った事のない区間(北陸から湖西線)を昼間走ると言うことで札幌発を選びました。チケットは乗れる日を狙って発売日に駅に通い3回目でロイヤルをゲットしました。

 札幌2 前日、飛行機で札幌にやってきて友人とジンギスカン食いに行って、乗車当日は弟子屈ラーメンで腹ごしらえしてから札幌駅に向かいました。23時間近い乗車時間で長時間停車もほとんど無いため食糧の買い込みにかなり悩みました。これだけの列車なのだから車内販売や自販機の充実、途中の駅弁積み込み等が当然あると思い(これが悲劇の始まり)、ビールのつまみと袋菓子や朝食のパンなどを大目に買い込み、飲み物はぬるくなってしまうので買う量も限度が札幌3あるので、なくなったら自販機あたりでと思った。

  さて札幌駅は4番線からの発車で手稲方からの入線なので隣の5番線側で入線を撮る事にした。列車は時間通り13時49分にやってきてDD51機関車(今ではレア)の重連にヘッドマークと言う重量感ある編成(これも超レア)がニシキヘビのようにホームに滑り込む。

 4番線に移動し指定された部屋へと入る。北斗星のロイヤルとの見た目の違いは通路側にも窓が  あり反対側の景色も見えるようになっていた。これはすごくいいアイディアだと感じました。14時05分定刻に発車するといい日旅立ちのメロディーとともに案内放送が始まった。発車から案内放送までをビデオに収め、混雑しないうちにラウンジカーの画を撮りにいく。予想通りまだ誰もいないので気兼ねなく撮れた、戻る途中の食堂車は準備で忙しそうだったが数枚収めて部屋に戻る。
室内(ロイヤル)ラウンジカー食堂車

 ネットで見つけた運転時刻(通過時間もわかる)をエクセルで見やすく編集したものとGPS連動させたパソコンの地図を見ながら流れる車窓を楽しむ。途中淡白な沿線案内が入るが、JR九州見習って地元の観光協会の方でも乗車させてラウンジで案内や民芸品の販売とかやればいいのにと感じた。

 さて買い込んだビールやつまみも無くなりラウンジの自販機コーナー行ったら、なんと酒類の販売をしていない!!食堂車の方に聞くと食堂車でしか販売してないく、たまに車販が回る程度との事・・・さすがに飲み物まで翌日の分までは特にビールなどはぬるくなってしまうから無理がある。更に言うと食料類もほとんど無く持ち込み以外は食堂車に行かないと食事ができないのです。23時間も走る列車で自販機に酒類が無く途中の弁当や名産品の積み込みも無い・・要は「食堂車使え」感がひしひしと伝わる。もちろん庶民的なメニューがあればぜひ利用したいが万単位のコースじゃ話にならない。あれだけ兵糧攻めに遭えばレトルトやチンで作った定食(1500円前後)でも利用者はかなりいると思うが。。。それができないならラウンジには軽食や駅弁・つまみや酒類の売店でも作ってほしいもの。トワイライトタイム

 さてこの列車、乗ってしまうとかなり淡白になる。途中停車駅(時刻表上)での停車時間が短く、機関車交換などの長い時間止まる駅(五稜郭・青森)は運転停車扱いなので、ほぼ車内で缶詰になる。五稜郭で11分青森にいたっては43分の停車時間があるのですからホームドアくらい開けて外の空気を吸える時間・飲食料を買う機会を作ってほしい。ここまでくると食堂業者の陰謀かと思うくらいですわ・・

  大館を過ぎた辺りで寝台をセットしてみる。背もたれがバタンと前に倒れるタイプでダブルベッドくらいの大きさにはなるが境目が固く微妙に隙間も大きい。結局どちらか半分を使って寝ることになる。車齢も経ってることだし仕方ないのかも。

 夜中に目が覚めると越後早川に到着するところだった。この時間に運転停車ってことは・・と思ったら下りあけぼのが通過していった。3時32分定刻で越後早川を出ると1時間で新津へ着く、目がさえちゃったので外を見てると雪になってる。この冬の新潟は雪が少ない、新津駅構内には積もった雪が見当たらない。4時33分到着の新津で7分停車の間に温かいコーヒーをホームの自販機から購入する。新津駅

 夜が開け信越本線を西へと走る。途中駅も2分程度の停車なので相変わらず缶詰である。直江津から富山もノンストップで景色も単調になるので眠くなり1時間ほど寝てしまった。起きると魚津付近を走行、京阪から来た富山地方鉄道の車両と併走になる。雪の降る富山駅に到着。やはり2分停車で何も出来ない、鱒の押し寿司くらい買いたかった。。

 敦賀駅高岡~金沢と過ぎ芦原温泉駅で後続の特急に追い越される。福井を発車すると次は唯一のイベン ト、敦賀駅での機関車交換の為に16分の停車になる。とは言え同じ形式の同じ塗装の機関車に変わっただけだった。駅弁売りも売店も見当たらないホームだったのが残念・・・敦賀を発車すると新疋田のループ線に入る!大阪方面へのルートはループルートになる。まず少し登って右にカーブし金沢方面の線路をオーバークロスしてトンネルに入る、トンネルを出ると左に敦賀の町が見え再びトンネルへ、更に半周回って登りきると金沢方面への線路と合流する。
 このループを超えると琵琶湖北部地方になり近江塩津を通過して湖西線に入る。天気は小雨だが山の中腹くらいからは白くなってるので高い場所は雪なのであろう。大阪到着琵琶湖の西岸の高架路線を走り大津京で運転停車、サンダーバードの通過を待って発車し京都へ滑り込む。下車する乗客が結構いた。

  ラストスパートとはいえ併走する快速電車の方が速かったりする、新大阪駅では珍しい列車に結構注目が集まり、大きく右へカーブしながら終着大阪駅へと到着!22時間48分お疲れ様でした。
 その後は難波でお好み焼きと串かつで飲んで関空からの最終ANA150便で帰宅しました。

HappyBirthdayKyusyuPassで乗り鉄

かもめ5号(長崎駅) 先月行って来ました九州乗り鉄です。前から狙っていたHappyBirthday九州Passを使ってみました。福岡空港に到着し、すぐさま博多駅の切符売り場でHB九州パスを誕生日証明の為に持参したパスポートを見せて無事購入。その場で気になっていたソニックとにちりんが一列車扱いであることを確認し、とりあえずDXグリーンが空いていた「かもめ5号の」指定だけ押さえホテルにチェックイン。
 ホテル内でソニックにちりんの一列車扱いの前提のもと計画を少々変更し行程表をホテルのプリンタでプリントアウトし再び切符売り場へ。担当者の名前は忘れたが5列車(実質6本)細かく頼んだ希望通りの場所の席をすばやく発券してくれた。なお、ゆふいんの森はB特急扱いなので、Pass枠外で購入(窓際最後のひと席だった)し夕食の店探し。日曜日だったので天神の「まみちゃん」は休みと言うことで阪急ビルの飲み屋街へ!駅ビル内とは言え個性的な店が多くほとんどの店が満員と言う盛況ぶり。とあるモツ焼屋に入り軽く飲んでホテルに戻る。787系DXグリーン(かもめ5号)

 翌日7時にホテルを出発し「かもめ5号」に乗車。HB九州パスはDXグリーンも使えるということで計画上唯一DXグリーンがあるこの列車の席を取った。グリーン車の運転室側スペースにパーテーションで区切られた横3席が設定され前後の幅はグリーン席2席分ほどありかなりな余裕。実際のグリーン車との差額を調べてはいないが、おそらく定期列車グリーンとしては最も贅沢な席だと推測できる。

快速シーサイドライナー(長崎駅) 列車は時刻どおり発車し有明海沿いを進む。この区間は遠い昔乗車したことはあるが客車急行で夜に長崎に着いたとしか記憶が無く、確かそのまま夜行で関西方面に戻ったような・・。

  長崎に着くと次は佐世保行きシーサイドライナーに乗車である。色こそ違えど国鉄車両であるキハ66の2両編成で、おそらくキハ66は初乗車だと思う。10時ちょうど列車は長崎を発車、座席定員+ドア付近に数人立ち席というなかなかの乗車率。大村線に入ると進行左側に海が広がってくる。ハウステンボスもはじめて見た!11時44分佐世保に着くと別のホームに国鉄色のキハ66が停車中、この後長崎行きとなって発車していった。みどり16号(早岐駅)

 佐世保に着いて昼飯時間である。ネットゲームの知り合いに聞いた「長崎ちゃんぽん」の店に向かう。ちょうどお昼前だったので座れたが12時を過ぎたら続々とお客が入ってきてあっという間に満員、駅でゆっくり撮り鉄してなくて良かった。野菜盛りだくさんのちゃんぽんを食って駅前の港を見てから次の列車「みどり16号」の番線へ。新鳥栖までの区間なのでここは自由席に乗車。とは言え博多行きの列車の場合、途中の早岐から自由席側が先頭になり783系ハイパーサルーン車両での前面展望が可能となる。

さくら411号(新鳥栖駅)  新鳥栖に到着し新幹線に乗り換えだが通路を通ると「ごぼう天うどん」の看板が!!これは食っておかないとと思い昼飯後でしかも乗り換え時間僅少ではあったが店に飛び込む。ごぼう天にかしわが振りかけてあるご当地グルメ!そそくさと食べて新幹線ホームへ。次に乗るのは800系の「さくら411号」あえてモノクラスの800系選んだのは普通席でも豪華な車両だと言う情報からだ。乗車するととにかく座席の間隔(標準規格なのに4さくら411号(800系車内)列配置)に前後もすごくゆとりがあるし、前方の背もたれが高いのでちょっとした個室空間風でもある。完全にJR東海のN700グリーンより居心地がいい!まあ、こんな贅沢な 新幹線車両は800系だけだろう。。

 新鳥栖からの乗車で次の停車駅は久留米、すげー近い駅間とおもったら、やはりたいして加速ができないうちに久留米駅へのブレーキがかかる、標準軌新幹線駅では3番目に短い駅間かも。熊本を過ぎるとトンネル区間が多くな桜島(鹿児島中央駅ビル)る、グーグルアースを見て判ったのだが八代近郊以外で肥薩線と数百メーターしか離れてない場所があるんだなと。

  鹿児島中央に到着し次の「きりしま14号」までちょいと時間があるし天気も良いので桜島見物に例の観覧車にでも乗ろうかと駅ビルを駆け上がるが何とメンテナンス中だった。。。仕方ないので駅ビルのテラスに出るとちょっと大きめの噴火があった模様で迫力のある桜島を拝むことができた!きりしま14号(鹿児島中央駅)
 

 発車時間が近づいてきたので改札を通りホームへ降りるとすでに「きりしま14号」が入線していた。787系ではあるがDXグリーンは無く普通のグリーンに乗る。列車は定刻に発車し天気の良い錦江湾沿いを進む。桜島がとてもきれいに見えた。隼人あたりから山間部に入りくねくねと進んで夕暮れ迫る都城に到着した。ちょっと冷える駅前をホテルに向かう。

都城の飲み屋にて鶏モツの刺身  さて夕食は都城に来たからには鶏が外せない!実はここ都城は都城駅より西都城駅側の方が繁華街になっている。多くの店はそちらに集中しているのだがタクシー使ってまでと思い駅前で探すと飲み屋街の路地みたいなのがあり、その中にあった鶏料理屋に入った。メニューを見るといろんな部位の刺身があり迷っていると「全部少量づつ盛り合わせにしてあげるよ」と言われ有無を言わさず注文!内臓部分がほとんどとは言えまったく臭みが無くやばいほど美味い!鶏冠も始めて食った!昔フィリピンの屋台で食った足とか血管みたいな2925D(高崎新田駅)もの思い出した。と言うわけで大満足でまた再び訪れたいと思った都城であった!!

 翌日も早起きして吉都線の普通2925D吉松行きに乗車。キハ40の単行で数人を乗せて7時30分発車。霧島連峰を左に見ながらコトコトと吉松に向かう。途中の駅舎も古いものが多く、これぞ駅!っていう風情が楽しめる。小林に到着すると小休止、駅前には「吉 2925D(小林駅)都線100周年」ののぼりがはためき、その頃からの駅舎を維持していると言うのはすばらしいと思う。税金対策らしいが風情ある駅舎をつぶし風情も何も感じられない「庇(ひさし)扱い」ぎりぎりの建造物を建ててるどこかのJRが悲しく思える。
 更に列車は駒を進め定刻に吉松駅に到着する。3分の乗換えで人吉行き1252Dに乗り換える。待っていたのは新型のキハ220肥薩線仕様ではなくレア車両のキハ31の単行である。それならと運転助士席後ろの座席に陣取りスイッチバックを楽しむことにする。7月に来た時は「いさぶろう」だったので景勝区間で停車したりしてたが、今回は普通の列 車なため当たり前だが普通に走る。しかし前回のときの予習もあるので見所はしっかり押さえた!1252D(矢岳駅)
 スイッチバック駅の真幸を発車し普通に走ってるのだが何故か矢岳に5分ほど早着した。おそらく人吉で九州横断特急に6分で接続する設定なので、落ち葉や雨による空転での遅れを考慮してのダイヤなのであろう。
 矢岳を発車すると下り坂である。進行右下に大畑の駅が一瞬見えると右に大きくカーブ し大畑のループに入る。ぐるっと一周し今度は左に大畑の駅が見えるとスイッチバックの引き上げ線へと入る。そこからバックして大畑の駅に到着となる。再び進行方向を変え大畑を発車すると先ほど通ってきた進路の下をトンネルでくぐり抜け人吉へ到着となる。

九州横断特急4号と1252D(人吉駅) 人吉からは「九州横断特急4号」に乗車。人吉から熊本を経由して豊肥線で大分へ抜ける普通に考えると変り種列車であるが、鉄道で人吉から大分はやはりこのルートが最短な様である。車両はJR北海道で槍玉にあがった185系だが何故か九州の同系列のこの車両にはマスコミは食いつかない、やっぱり日本のマスコミは偏ってる。。
 乗車した自由席は窓側が全て埋まるくらいの乗車率で10時9分定刻に発車、球磨川沿いを熊本に向かって走り出す。この肥薩線はもともと鹿児島本線だったが海側ルート(現薩摩オレンジ鉄道)が開通してからはメインからはずれ肥薩線と言う名前になった歴史の古い路線である。その為か沿線の駅は有名な嘉例川駅をはじめ古い木造の駅舎が目白押しである。
 列車は八代を過ぎ鹿児島本線を熊本へ、熊本で乗客の半分が入れ替わり台湾や中国からの観光客がたくさん乗車してきた。酒飲んで大騒ぎの日本人観光客と対称におとなしく乗車しているのが印象的だ。台湾や中国では鉄道移動が旅行や移動のメインなのでその辺慣れてるのであろう。
 立野でスイッチバックとなるが件の日本人観光客がいきなり席を回し始める・・車内放送(すぐにもとの進行方向になる旨の)聞いてればすぐにまたもとの進行方向に変わるのにと思うがお構いなしで周りの客が困惑。。阿蘇や宮地で観光に行く客と帰りの客が入れ替わる、通路挟んだ隣の席の中国人観光客は別府と書かれた本を読んでるのできっと温泉にでも行くのであろう。
ゆふいんの森4号(大分駅) 宮地駅を過ぎ外輪山を越える峠にかかると手元の高度計が標高が700Mを超える、午前中に通った矢岳より高く意外と高いところを走ってるものだ。外輪山の長いトンネルを超え一気に大分へと下ってゆき14時30分少々遅れて大分到着、30分ほどの待ち合わゆふいんの森車内せとなる。 

 次に乗車するのは15時03分発博多行き「ゆふいんの森4号」である。2日前に満席ぎりぎりでゲットした指定に座ると意外と狭い。。隣り席も湯布院から発売済みとのことで大柄な人が来ないことを祈る。てなわけで湯布院までの空いている間に車内散策、ロビーやコンパートメントのグループ席、売店など木をふんだんに使ったほっとするような落ち着いた内装が印象的だ。難を言えば席が狭いかな・・すぐ横のロビーでは観光ガイドも始まりたくさんの乗客がガイドの案内に耳を傾けていた。湯布院に到着するとなんと話題の列車「ななつぼし」が停車中、九州の話題の列車が顔を合わせる。どうりで沿線にたくさんのカメラを構えた人がいると思った。
ななつぼし(由布院駅) ゆふいんの森とななつぼし(由布院駅) ななつぼし(由布院駅)

 早速数枚写真を撮り席に戻るとご婦人のグループが自分の席の前に。話を伺うと一人だけ席が離れてしまってるとの事で通路挟んだ横の一人掛け席がどうも予備席っぽいので自分はそちらに移りご婦人グループに席を譲った。大分で席を見たときは満席だったので通りかかった車掌に聞くと売れてない席とのことで予備席確定ゆっ博多到着くり過ごす事にする。平日と言うのにこれだけ客を呼べる列車を企画できるってのはすごい、異常な車社会の中で鉄道が生き残る為には何が必要かということを見せられた気がしました。
 今現存していたら文化遺産に等しいだろう宮原線、その分岐駅だった恵良を過ぎ大きな扇形車庫が保存されている豊後森 駅で上下のゆふいんの森が交換した。日田を過ぎる頃から景色も単調になり夕暮れとともに久留米に到着、件のご婦人グループがお礼をを言って降りていった。九州とは言え日が沈み暗くなった鹿児島本線をラストスパートで博多に到着。ホテルにチェックイン後、天神のまみちゃんに向かった。

ソニック9号(大分駅)  さて、最終日は駆け足九州一周の日!スタートは883系「ソニック9号」大分行き。グリーン車に乗車するとミッキーマウス型の座席が並ぶディズニーランドのモノレールかと(笑)とは言えJR九州の車両は外見や内装に凝っている、この883系もデッキ部分や座席配列などかなりゆとりがある。JR東日本や西日本だったらデッキスペース削ってでもぎゅうづめの座席にしてるだろう。ソニックのグリーン車
 昨夜のまみちゃんで同席した方の情報で博多駅で折尾駅の駅弁「かしわめし」が買え るとのことでその場所まで教えてもらったので朝食はその「かしわめし」にした。けっこうボリュームがあって腹いっぱいになる。
 列車は少々遅れて小倉に到着、ここから日豊本線に入るため進行方向が変わる。今まで壁と正対していた席だったがここで一気に視界が開ける。まあ、それわかっててこの席を指定したわけだ。さすがに振り子車両の威力はすごくカーブも高速で通過していく。博多~大分が2時間と言う速さの秘訣であろう。結局小倉時点の2分遅れは取り戻せずそのまま大分に到着、すぐさま隣ホー ムに停車中の「にちりん9号」宮崎行きに乗り換える。783系のハイパーサルーンだが、どうもグリーン車の座席位置と窓の位置のバランスが悪い。普通に座り進行方向の景色視線に窓枠が入ってしまい、ひとつ前の席の窓から景色を見るような状にちりん9号(右)きりしま13号(左・宮崎駅)態になる。前の人がカーテンでも閉めてしまったら食傷気味になってしまう恐れが、さらに次の列車の「きりしま13号」も783系なので憂鬱になる。
 リニア実験線跡地を見ながら日豊本線を南下してゆく。JR東海がリニア開業しようとしてるが、どう見ても開業時期(十数年先)にどれだけの需要あり在来新幹線との共存など壁ばかりだと思うのだが、まあ建設利権だけ懐に入れて後は後継に丸投げでおさらばとか考えてるのかね(笑)

 さて宮崎に到着し4分乗換えで「きりしま13号」鹿児島中央行きに乗り換える、乗車すると上記の問題が更に酷くなる。おそらくガラスが割れた場合の飛散防止のシールの質が悪いのか景色が細かくゆがんで
見え目が痛くなる。カーテン閉めてPSPで過ごす事にした。もう783系のグリーンは止めようと思う。期待してた錦江湾景色さくら568号(鹿児島中央)も見る意欲も無く鹿児島中央に到着。20分ほどの乗換えで「さくら568号」に乗り換える。
 車両はN700系、グリーン車に乗るとヘッドレストが深い分窮屈に感じるが、淡白なJR東海のN700系グリーンよりはかなり良くできている。たまたま隣の席にも乗客が来なかったため博多まで快適に過ごせた。たった9時間で九州を一周してしまった。でも全ての行程に同じ人(同じ匂いの人)が乗っていて、やっぱり乗り鉄の考えることは一緒なのかなと感じた(笑)ホテルに戻って荷物を置いて、再び天神のまみちゃんに向かったのはいうまでもなかった(^^ゞ
 

九州旅名人漫遊切符旅

 ちょっと前(7月)になりますが九州旅名人漫遊切符で乗り鉄してきました。この切符はJR九州の発売するJR九州管内の普通列車及び私鉄や市電に乗り放題の切符で、特に三セクになった鉄道に乗るには好都合な切符です。
 非番の日に羽田からANA便で鹿児島空港に降り立ち連絡バスで鹿児島中央駅へと向かう。急いでみどりの窓口へ行き「旅名人漫遊切符」を購入、バリデーションしてもらってからまずは市電乗り場へ、目的地は天文館通りの「むじゃき」。
 早速切符を使って市電に乗り込み10分ほどで天文館に到着、アーケードの中を歩きむじゃきへ。この店は何種類かのレストランになっていて目的の「しろくま」はどこでも食べれるってことで地下の鉄板焼屋へ。ヤキソバと生ビールで遅い昼飯を摂りデザートは目的のしろくま(笑)
鹿児島市電  むじゃき(しろくま)
 しろくまを食ってから市電で鹿児島中央駅に戻り16時29分発の川内行き普通列車に乗車。車両はレアになってきた415系である。発車時間30分も前だというのに車内は座席一杯に利用者が、時間的に学生の帰宅時間と重なっていたためだ。座席を確保してホームで撮り鉄。なかなかこちらの方には来ないので見る車両珍しい。いぶすき玉手箱も到着して新旧合わさった結構玉手箱状態の鹿児島中央駅ホームである。
川内行き2454M  市来駅
 列車は定刻に鹿児島中央を発車、駅を進めるが一向に学生が動かない。普通は駅ごとに減っていくと思うのだが、逆に神村学園前駅で更に乗車しそのまま川内へ。最全部に乗っていた学生がいっせいに下車し前方に走る!何かと思うと薩摩オレンジ鉄道乗り場が駅の先端に、あ~、なるほどと思った。
 乗り換えの薩摩オレンジ鉄道6140D新八代行きは17時33分学生満載で発車。この路線でもなかなか学生が動かなく、阿久根駅で大半の学生が降りていった。鹿児島中央や神村学園にしても結構長い通学オレンジ鉄道距離だと感じる。三セクになった区間を乗る学生には定期代もばかにならないだろう。
 閑散とした新八代行きは海沿いの路線をゆっくりと北上する。水俣駅ではオレンジ食堂(イベント列車)と交換。内部は意外と豪華に出来ているようだ。なんかこの三セクが企画したオレンジ食堂列車のの二番煎じの車両がとある大鉄道会社で走るそうだが。その大鉄道会社は九州新幹線のCMアイディアも二番煎じし、さらにJR九州のななつぼしの二番煎じも企画中とかすごい大鉄道会社である(笑)
 夕暮れの有明海かな?を見ながら北上は続くが乗客は一向に増えないまま八代に到着。この日は新八代の東横インに泊まるのだが、周辺に飲食施設がまったくないので八代なら・・と思いで降りたが不発であった。徒歩10分ほどのところにやっとリンガーハットを見つけ夕食を摂り、熊本行きに乗り新八代で投宿となる。

 翌日は、早起きをして予定の肥薩線より一本早い列車に乗ることにした。その列車で行くとくまがわ鉄道で湯前に往復し予定のいさぶろう1号に乗車できる。まあ、予定だった列車はしんぺいいさぶろう車両の送り込み列車でそれはそれで残念であったが、人吉~吉松で乗れるので未踏区間のくまがわ鉄道を優先した。
瀬戸石駅 八代発6時42分1223Dに乗車し人吉を目指す。見習い運転士であろうか指導の運転士と一緒の乗務で球磨川沿いをゆるゆると走る。このあたりは景勝路線で途中駅の駅舎も年代もののも木造駅舎が多く観光客も多い場所だが、時間的に閑散としている。そう言えば件の大鉄道会社が木造駅舎号なる臨時列車走らせるみたいだが、木造駅舎企画はもう何番煎じになるのか・・どこまで企画力無いのかと情けない。。。
 
 途中の瀬戸石駅で20分の停車、目の前を流れる球磨川を見に行ったり駅前をふらふらとする。上りの特急をやり過ごし再び人吉へと駒を進める。一勝地あたりから利用客も増え定刻に人吉に到着。すぐに球磨川鉄道のホームへ行くが改札を抜け大廻で跨線橋をくまがわ鉄道乗り場へ。こりゃ大変だと思ったらなんとJRホームから連絡通路があったOrz・・・
 乗車する車両は期待していた「くま」車両ではなくオーソドックスなロングシート一般車両の単行。ロングシートには学生が寝てた(笑)8時21分湯前行き7Dは定刻に発車。のどかな田園地帯を進む。と突然寝台列車が!東京行き「はやぶさ」の文字が!東京~西鹿児島直通の寝台列車だったはやぶさが多良木駅前に静かに保存されていた。湯前に定刻に到着しすぐ折り返しの9時10分人吉温泉行き8Dで人吉に戻る。
湯前駅  湯前駅舎
 人吉に到着して、今度は連絡通路をとおり肥薩線ホームへ、これから乗車のいさぶろう1号はすでに入線し乗車できた。自由席もあると書かれていたが、調べてみると車端のロングシート部だけであった。指定席は取ってあったのでその席に座る。 進行方向の席に座りたかったので指定取る際(件の大鉄道会社の駅窓口)に席番を指定したがどこも満席とのことだった。発車してみると誰も来ない・・・てか指定席車両には4組ほどしか乗ってない・・どこがどう満席だったのだろう・・まあ、ボックス占領できたし良い方に予想外はぜんぜん許す(笑)  
 この列車にはアテンダントさんが乗車し、沿線の案内や歴史・車販業務や発車間際のお客さんの誘導など幅広くこなす。ここで買った栗飯弁当は駅弁本来の懐かしさもあり味もしっかりしてた。最近はマスコミ企画かなんかでレストランや料理屋っぽいものが氾濫するが、列車の中ではこういう素朴なものの方がよっぽど旅情を誘うのである。しんぺいいさぶろう車内 大畑駅スイッチバックで本線へ ループで登って大畑駅上部へ
景勝地点でしばらく停車 真幸駅に下ってきました 真幸駅舎
 列車は大畑のスイッチバック&ループを駆け上がり景勝地で停車しながら峠を越え真幸で再びスイッチバック、各駅では5分ほどの停車時間が設けられ古い木造駅屋も見学でき、あっという間に吉松に到着の鉄道満喫の路線であった。
真幸駅にて 吉松ではやとの風と並ぶ 都城行き4224D
 吉松では吉都線の都城行き4224Dに乗り換える。霧島の火山をぐるっと北回りして都城へ向かう路線だ。この日は桜島の噴煙が風に流されこの沿線を覆っていた。定刻に都城に到着してすぐに宮崎行き6878Mに乗り換える。青井岳や田野など昔はSLの撮影名所だった山間の難路を、今は電車がなんの苦労も無く走りすぎていく。この電車は南宮崎で下車し盲腸路線の宮崎空港駅にちょいと足を伸ばす、まあ、未踏区間だからね。
宮崎行き6878M(都城) 延岡行き736M(宮崎空港駅)
 島式2線の空港駅から乗ってきた電車が折り返しになる736M延岡行きにそのまま乗車、隣のホームには今では古参になってしまったハイパーサルーン車両のにりちんシーガイア号が停車中。博多までロングラン(現在基準で)の特急である。宮崎空港を定刻14時34分に発車、宮崎からはたくさんの学生を乗せて北上する。ここでも学生が動かない・・どこの駅か忘れ佐土原駅で交換たが乗ってた学生がほとんど降り、降りた学生と同じ量の学生が乗り込んできた。高校も学生を地域分けしてるのかなって思った。結局宮崎から満席のまま南延岡に到着。昔はこの駅から高千穂線と言う絶景路線があったのだが今は廃線となっている。未踏区間だっただけに残念である。今なら観光路線としてやっていけそうだが、なくすのは簡単だが復活は難しいと言うことを学習してほしいものだ。
 
 さてこの駅からは鈍行旅行での難所、延岡~佐伯の壁が立ちはだかる。この区間を昼間走る普通列車は無く朝晩の数本で時間的にも使いにくい。これから乗る2762Dが昼間(九州は日の入りが遅い)のうちに宗太郎峠を走ってくれる貴重な列車のひとつだ。全区間電化区間ではあるがディーゼル車両の単行しかもロングシート。やっぱりボックスシートが鉄道っぽくて俺は好き重岡駅で交換だ。ロングシートだと毎日乗ってる通勤電車と変わらなく、その辺も一般旅行者が鉄道を避ける理由にもなってるんじゃないかと感じる。

 さて佐伯行き普通列車は16時43分定刻に南延岡を発車、延岡でもあまり乗車は無く見るからに鉄道旅行してる人率が高い!列車は山深い区間へ入り左右にくねくねと走り市棚駅を過ぎると宗太郎峠である。その後は宗太郎駅・重岡駅と山を下り佐伯駅へ到着する。すぐ乗り換えの杵築行きはまたもロングシート、さすがにここからも更に1時間40分も景色を堪能できないロングシートに固定される。18時07分普通杵築行き発車、仕事帰りや学生で車内は満席で立ち客もちらほら。大分付近になると向かいの座席が見えないくらいの混み方に。なんとかロングシート地獄を切り抜け別府で下車し投宿となる。街中をいろいろ探し地元民でにぎやかな古びた居酒屋に入る。郷土料理や家庭の味に満足して就寝。

 さて、最終日です。朝起きると携帯に鉄道情報が「鹿児島本線 博多~小倉でシステム障害」とのこと。とりあえず、早めに駅に向かうことにした。駅の掲示板ですと博多方面からの特急が軒並み遅れてはいたが、なんとか普通列車は時刻どおりに走ってる模様。予定の中津行き4626Mは2両表示、むむ、これはロングシートくさいと読み、先行の杵築行きが415系で到着してきたのでとりあえず乗車。車内は大学生で満員だったが次の別府大学駅でほとんど降りてしまった。がらんとした車内のボックス席で足を伸ばしコンビニの握り飯で朝食。途中交換などで少々遅れて杵築に到着。反対ホームには抑止食らってるソニックが。
杵築行き(日出駅) 杵築駅抑止中ソニック 杵築まで乗ってきた415系(折り返し大分行き)
 時間が少しあるので駅前をぶらぶらしてると、杵築はカブトガニの故郷らしい!意外と立派な公衆トイレがあったりしっかりした駅舎だったり、公共のものに力を入れてることに感心しつつ駅に戻る。駅にもイメージにあわせた風情があるベンチがあったりJR九州のセンスはなかなかだ。程なく4626Mが到着、予想通りロングシートだったががらがらだったので横すわり(腰に良くない)で景色を見ながら北上する。
4626M(杵築駅)   ワープに使ったソニック
 もともとの遅れと交換などで7分ほどの遅れだが、この先中津で1分乗り換え行橋で2分乗換えと綱渡りになる。中津は接続列車っぽいから接続はすると思うが、行橋からの平成筑豊鉄道が問題である。JRであれば接続は取ると思うが三セクでは保証がない。ここは柳ヶ浦~行橋ワープを決定ソニック18号に乗車する。5分ほど遅れて行橋に到着、ホーム先端にある平成筑豊鉄道のホームへ行くとすでに10時52分発の直方行中津駅平成筑豊鉄道ホーム き2711Dが停車中。が、またもやロングシート・・・ボックス車両も多数持ってるのに運が悪い・・
 乗車予定だった中津からの列車を待つことなく定刻に行橋を発車、コストはかかったがワープ大正解である。筑豊と言うと国鉄時代はかなり入り組んだ路線で構成され、乗り鉄行程には頭を使う地域でしたが、結局乗れずにほとんどが廃線になってしまった。まあ、それにしてもすれ違う列車が全てボックスシート車ってのが恨めしい・・結構良い乗車率で直方に到着。駅前の立ち食いそば屋で昼飯を掻っ込みホームへ戻る。田川後藤寺行き(直方駅) 予想はしてたが乗ってきた車両がそのまま次の1319D田川後藤寺行きとなっていた。しかし学生で立ち席もでる乗車率で12時35分直方を発車。金田まではさっき来た路線を通るのだが何とこの路線田川伊田まで非電化複線区間、貨物営業でも残ってるのだろうか三セクにする頃には単線にしてしまうのかと思ったが残ってるのがすごい。金田から別れ、そうこうしている内に田川後藤寺に到着。すぐに13時19分発1550D新飯塚行きに乗り換え。キハ32の単行だが車内はほぼロングシート化され車端一部(片側4列ほど)に田川後藤寺駅(右の新飯塚行き乗車) 転クロが固定で残されてあった。なぜかその部分の席だけ満席でロングシートには誰も座ってない。20分ほどの区間だが峠越えっぽい区間で前半は巨大な石炭工場の間を走り後半は住宅地となる。定刻で新飯塚に到着すると予定より一本前の快速に乗れた。もともと接続時間が短かく駅構内もどうなってるかわからなかったんであきらめていたが向かいのホームなのですぐに乗れた。ま、桂川までの10分ほどの乗車。

王塚古墳(桂川駅近く)  これに乗れたおかげで桂川では45分ほどの時間ができた。郊外の私鉄駅を思わせるシンプルな駅で駅前もシンプル・・どうしようと思ったら案内板に「王塚古墳」と言う文字が。徒歩10分ほどのところらしいので行ってみる。意外としっかりとした形が残っている古墳で、一通り見学して駅に戻る。乗る列車は14時28分発6627D原田行き。駅にも留置線のようなものは無くどこを見回しても原田行きになる車両がない。と思ったら回送でやって原田行き(桂川駅)きた!元は動脈だったこの路線だが今は超ローカル化してしまった。折り返し間合いが数時間あるので直方あたりまで疎開しているのだろう。だったら直方から乗せろと思うのは乗り鉄的意見なのだろう(笑)
 やってきた車両はキハ32のオール転クロ車。超ローカルではあるが座席に一人づつくらいの乗車で定刻に発車。運転区間は短いものの途中には冷水峠があり、この日は香椎線(香椎駅)そこを境に天気が一変した。原田駅に到着すると真っ黒な雲が覆いいまにもスコールが来そうだ。乗り換えの列車は朝のシステム障害の影響もあり遅れているので、携帯 でいろいろ探った結果、この先の予定を大きく変更して香椎線に乗り、西戸崎でうまい具合に船に接続できればそれで博多に戻ると言う行程にした。と言うわけで原田発15時04分4252M門司港行きに乗車。途中で遅れてる列車の退避や信号待ちなどで7分ほど遅れて香椎に到着。15時39分の西戸崎行きは目前で発車 してしまったため次の16時発762Dに乗車する。湾沿いを走るのかと思ったが意外と内陸で最後の区間だけ湾沿いだった。西戸崎からは徒歩数分の船着場から博多港行きの船が出てるので、それに乗船して博多港に行き、西鉄バスで天神まで来てホテルに到着。夜はもちろん屋台「まみちゃん」で!
博多湾を渡ります 海外のような博多の遠景 天神「まみちゃん」

これで乗り鉄終了、ちなみにその後はダイビングのため福岡空港から那覇経由で宮古島に行きました。


台湾乗り鉄DR2700編


編集中いきなり記事が消えた・・下書き保存機能上手く動いてなかったみたい
と言うわけで再アップまでちょっとお待ちを

DR2700
DR2700 タロコと並ぶ

キハ47紀行(磐越西線)

230D入線(新津駅) 230Dから折り返し3221D(津川駅) 3221D快速あがの(咲花駅)
 先日、磐越西線に乗り鉄に行ってきましたが、大雪と言う理由で津川~喜多方(当初は郡山まで)普通となっていしまいました。不通区間も開通予測が当初15時だったのが16時となり結局終日になりました。見た感じ雪はそんな大した事無いので、前夜の身動き取れなくなったSLクリスマストレインの撤収に時間がかかったと思われます。右の写真、キハ47の方向幕に「快速」の文字は珍しいかも。

咲花温泉 一水荘

そんな訳で、とりあえず予定の230Dに乗車し津川まで行き、折り返し快速あがの(キハ47の快速あがのはレア)になると言うのでそのまま乗車し時間も余ったので咲花温泉に寄ってみることにした。駅で除雪をしてたおばさんに「お勧めの温泉は」と聞いたら「一水荘さんが良いんじゃないかな」との事で、しばらく歩くと看板があり踏切を渡って上った位置にありました。

2235D 咲花駅
2235D 咲花駅
 帰りは2235Dで新潟に戻り新幹線で帰宅しました。当初は会津に抜けて郡山経由で戻るはずだったが、予想外の不通区間発生で温泉に入ってこれたのは怪我の功名かなと。
訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード