• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

東欧乗り鉄 2012冬 Vol 01

 今年の冬に行ってきました東欧乗り鉄の写真記録です。ANA便でフランクフルトに飛び空港駅からICEでヴュルツブルクに向かいました。当初フランクフルト泊を予定してましたが、どうも何かイベントがあるようで市内のホテルが軒並み3倍の値段に!という訳で列車で1時間半ほどのヴュルツブルクにホテルを取りました。
※ 画像はクリックすれば拡大します※
 ヴュルツブルク駅 アジのあるレストランにて
 午後7時過ぎ定刻に到着し駅前のホテルにチェックイン、腹も空いていたので飯を食いに繁華街へ出る。古きドイツの風情が残るパブで夕食。当然ヴァイツゥエンビールを注文!


マリエンベルク砦 砦門内 砦内 市街地からの砦
 翌日はすぐにチェコのヘプへ向かう予定だったが、このヴュルツブルクは見所が一杯だという事がわかり、午前中はマリエンベルク砦と宮殿を見に行くことにした。川を渡り丘を登ること10分で入り口に到着。

宮殿横 宮殿背面 宮殿正面
 砦正面のブドウ畑を下り20分ほどで宮殿に到着、宮殿はどっちが正面か裏かわからないがとても重厚で見入ってしまう。

ICE1226 ニュルンベルク駅 ICE車内 ニュルンベルク駅 ヘプ行き国際快速列車(ニュルンベルク駅)
 駅に戻り売店でサンドイッチを昼飯代わりに買って食ってると、予定列車の先行のICEが遅れててまもなく到着とのこと、これはタイミング良いとホームへ上がるとちょうど到着していて早速乗り込む。その分、ニュルンベルク駅には早く着いたので駅舎を見に行く時間が出来た。ニュルンベルクからはチェコのヘプ行きの快速列車に乗り換え。こんなローカル列車なのに最高時速160Kmで振り子式の気動車である。日本で一番性能の多彩な気動車であるJR北海道のおおぞら車両並みである。

ヘプ旧市街 ヘプ古城 旧市街裏路地
 ヘプ駅には定刻に到着し行き前の坂を下りホテルへチェックイン。冬なので5時前というのにもううす暗い。目的地の古城に着く頃は真っ暗である。当然古城の開園時間は終わっていて外周を眺めるだけで旧市街を周って戻る。

旧市街の教会 寿司レストランの店頭メニュー
 途中見つけた日本料理店の店頭メニュー。チェコの物価から考えると思いっきり高額でしょぼい!きっと日本のフランス料理屋とかイタリア料理屋とかも現地人からみると同じ感じなんだろうな。夕食は裏路地沿いのチェコ人で賑わうレストランへ、メニューが現地語しかなくてロシアンルーレット状態だった(笑)

☆彡次回は南ボヘミアとモラビア地方の境目にあたるインドルジフーフ・フラデツに向かいます。

那覇にて

青島食堂 (那覇)水餃子とピータンシジミの醤油煮
                    携帯画像なんで画質の劣化はご了承願います。

 一日券(24時間券)昨夜は友人お薦めの青島食堂行って来ました看板料理の水餃子は皮もしっかりしてまいう~味に深みがあるピータン香り豊かな腸詰め最後はシジミの醤油煮これらを紹興酒でやって来ました。 それと、ゆいレールに一日券(2日券3日券もあります)が登場びっくりしたのがなんと24時間券(同48時間、72時間)なのです明日の帰りまで使える今日も空港~牧志(青島食堂確認)~古島(スーパーかねびで買物)~旭橋(東横インチェックイン)~牧志(青島食堂)~旭橋(ゆいまぁる)と使いました今日も空港まで行くのは有効時間内なのでラッキー

ベトナム乗り鉄No3(ホイアン編)

ホイアン さて、夏バテのせいでかなり間が開いてしまいましたがベトナムの乗り鉄後半に行きたいと思います。

 SE2列車は70分遅れでダナンに着くとスイッチバック駅の関係で機関車の付け替えがあります。ここからフエの間はハイバン峠越えの難所、機関車も後押し付きで挑みます。私はここで下車なのですが機関車交換は見逃せないので後部に向かいまb02.jpgす。乗務員の詰所だろう前を通ると物珍しそうにこっちに視線が(笑)シーメンス製の機関車が連結されると列車は静かに発車していきました。

 ダナン駅を出て駅前からタクシーでホテルへ向かいチェックイン後再びタクシーでホイアンという場所に出かけます。このホイアンも今回の旅の目的の一つで楽しみにしていた場所です。

 30分ほどでホイアンに到着、タクシーの運ちゃんは「帰り安くするから俺のタクシー使ってくれよ、ここで待ってるから」と名刺をくれた。3時間くらいかかるけどいいかというと「待ってる待ってる!」とご機嫌(笑)さて、降ろされた場所がどこだろうと近所の店の人に地図を見せると「ここだよ」と指を刺してくれた。それを信じて道を歩くがなんか変・・・仕方ないのでバイクの修理屋のおにーちゃんに名所の写真を見せ「ここはどっち?」と聞いたら「ああ、それはこっちじゃねーよ、反対反対!」と道に出てきてまで親切に教えてくれた。

ホイアン ホイアン ホイアン 

 おにーちゃんの通り行くとホイアンの昔ながらの建物がならぶ道に出て、地図でもその位置を把握できた。まずは市場の中を通るが、市場と言ってもトタン屋根やシートで覆われたバラックの中に目一杯商品を並べた露店が並ぶ。海に近いせいか海産物の量は豊富で干物などがやたら美味そうだった♪川沿いに先に進むと昔の家屋を改造したレストランが並び護岸側には屋根もなく椅子とテーブルを並べただけのホイアン名物の麺料理カオラウ(Cao Lau)の露店が並ぶ。更に進むと来遠橋(日本橋)があり、江戸時代に交流があった証でもあります。

市場      市場
ホイアンの町並み ホイアンの町並み 来遠橋(日本橋)

 さて腹もすいたので早い夕食にする。カオラウの露店も心を惹いたが他に食べてみたい料理もあったんで街中の小さな食堂に入った。カオラウとやはりホイアン名物のホワイトローズをいつものサイゴンビールの赤を一緒に注文。カオラウはフォー(平麺)と同じ米粉だが太麺で汁が少なくぶっかけ麺っぽく結構腰があって美味い!絶対フォーより美味しい!ホワイトローズはえびのすり身をワンタンの様な皮に包んで茹でたものにタレがかかっている。盛り付けた感じが白いバラに見えることから命名。
 で、ここで悔しい思いを!この店どうやら生ビールをやっていたらしくジョッキー一杯4000ドン(約20円)とある、サイゴンビール赤は20000ドン(約100円)・・やられた、もっとしっかり店を見回すんだったと(^^ゞ

19と言う食堂にて  カオラウ  ホワイトローズ

 腹もふくれて散策再会。この町は見た目よりかなり観光地化されていて、名所には入場料が必要だが、個々に払うのではなくエリアごとに数箇所ずつ入れるチケットを販売してる。要は一箇所だけ入りたくても数箇所分の金を払わなくてはいけない。更に言えば入りたい見たい場所がエリアごとに一箇所ずつだと最悪である(笑)そんなわけで名所めぐりは時間のあるときしか出来ないなと踏んで今回はパス!次回はこの町に泊まろうと思い、町を後にする。タクシーを降りた場所に戻ると例の運ちゃんが待っててくれて、帰りは五行山を周ってくれた上に1割引くらいにしてくれました。

ダナンの夜景 ダナンの夜景

 ダナンに戻るともう夜!川岸から夜景を眺めるとライトアップされた橋がとてもきれいである。少し町の雑踏を歩くとやたらにバイクが止まり客でごったがいしてる店がある。のぞくとみんな同じ麺類を食べてる。おそらくミークワンであろうけど、一般に言われてるものとはかなり違ミークアンってる、店ごと特色があるのだと思う。とにかく食ってみたくなりガレージの様な店内に長テーブルが整然と並べられた中の地元民と肩が擦れ合うほどのスペースに座ると注文も聞かず にすぐにその麺が出される。その麺の専門店なのであろう。テープるの上に雑然と置かれた香草や香辛料をガンガン乗せて食う!出汁の効いたさっぱり味で美味しい!二人で50000ドン(約250円)、高いと感じたが大きな町の中だからと納得させてホテルに戻る。
 明日はベトナムきっての絶景路線ハイバン峠をTN2列車で越え歴史的建造物の宝庫フエへと向かいます。 

バンコクにて

 春からサボってましたが、HDDのトラブルで去年から今年の3月くらいまでの撮り鉄ファイルが絶望的になってしまって、ちょっと落ち込んでいました。

 とりあえず再開しようと思いまして、9月に行きましたタイでのアユタヤ駅撮り鉄です。この日は早朝のRPD111列車でアユタヤに向かい、観光後に帰りのアユタヤ駅で撮影したものです。上手い具合に数本の列車の時刻が重なり効率の良い撮影が出来ました。


rpd109.jpg・チェンマイ行きRPD109列車

寝台車や食堂車も連結した堂々たる編成。

 

 

 

rpd112.jpg・バンコク(ファランポーン)行きRPD112列車

2等と3等の座席車でたくさんの人が乗車していった。

 

 

 

exp72.jpg ・バンコク(ファランポーン)行きEXP72列車

何故か2時間遅れで来たために撮影できました。ディーゼル車両。

 

 

 

rpd136.jpg アユタヤから乗車してきたRPD136列車の3等車の車内。国鉄のオハ61系にそっくりで、すごく懐かしい雰囲気です@バンコク(ファランポーン)駅

 

 

 

次回更新は10月に行ってきました肥薩線SL人吉号です。

 

食い倒れの国「香港」

香港  食い倒れ目的で香港に行ってきました!当然観光なんてそっちのけで食を求めて地下鉄や路線バス・船を駆使して町や村を周る日々!海鮮・飲茶・広東・地元料理・麺類・屋台・ポルトガル料理などなど、おかげで少し太ったかも・・(笑)

 最初の画像は、北角(ばっこ)近くのトラムが方向転換の為に迂回してる場所で、店の軒先を掠める様に走ってきます。とにかくものすごく活気溢れる町で、こういう雰囲気は大好きです!

IMG_0892.jpg  次の画像の料理は、ハッピーバレー競馬場近くの広東料理屋さん!この料理はおそらくアヒルだと思いますが、中華料理でありがちな味が濃すぎる感じがなく、とてもサッパリして肉独特の味を堪能できました。

 

 奇しくも、豚インフルエンザが世間を騒がせていますが、ご覧の通り地元民は誰もマスクなんてしてないし、消毒液で手を洗うなんてことしてません。でも、知る限りでは、水際で2人隔離した他は滞在中に日本の様な二次感染者は出てません。海外での報道と比べると、日本のメディアは感染者数ばかりが先行していて、普段流行る季節性の元の違いとか、毒性の違い、どういう人たちがどういう状況で感染したとか、症状や完治までの日数などの、必要な報道が後回しで、どうみても視聴者を煽ってるようにしか感じられないのは俺だけなのだろうか。。そういう体制の良し悪しを感染者数が証明してるんじゃないでしょうか・・・・


 

訪問履歴
プロフィール

みゅーりゃー

Author:みゅーりゃー

全記事一覧

 →→ 全ての記事をリスト表示する

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
最近の記事
ブロ友だよ~♪
Himawari Hie's Genki Room ♪
食いしん坊マリーの日記
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバッ
● ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

● ブログ内検索
● RSSフィード